土屋貴子のTAKOSHI日報

       
              慢 慢 来!

















スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 2017.10.10 Tuesday
到着!
荷物なかなかでてこず、空港でたのは23時。

qingさんが新車で迎えにきてくれました。

道に迷い、なかなか語言大学にたどりつけず。

0時着。
とりあえず一泊分と押金400元支払う。
オススメの8Fの東向きの部屋を見ましたが窓が小さく洗面所が気に入らなかったので、
やはり南向きの図書館側に決めました。

携帯の電源ON。
液晶、真っ黒。

1Fへ持っていって服務員に見てもらったけど・・・やはり壊れてるみたい

ええーーーー!
どぉしよー!

とりあえず・・・・寝よ。
北京 -2006・秋 | 2006.11.23 Thursday 03:05
携帯修理
インターネット開設に3往復。
1度目40H・50元支払い。前回のデータが残っており開設費ナシ。
2度目最初のページが見つからず、セットアップ。
3度目接続できず、手順を聞く。

銀行で両替。
両替
たくさんの紙幣になるのでお金持ちになった気分。
宿賃払う。

昼ゴハン、学食の飯カードも有効だった。
良かった!
フロントでpeipeiに会う。変わらず人なつこい。


西直門
西直門2
修理店の住所を頼りに、西直門の携帯修理屋へ。
領収書があれば新品と交換可能だったらしいです。
修理は可能だが、2つあるという修理方式が理解できず書いてもらって持ち帰りました。
聞き取れず、紙に書いてもらいましたが、それも???
必死で辞書で調べる。

修理店で、気のよさそうなオバサンが
「なになに、どうしたの?」
と割り込んできてあれこれ通訳してくれましたが・・・
貴方もソレ中国語ですからー。


本日学校へいけず前途多難。
北京 -2006・秋 | 2006.11.24 Friday 00:02
イギリス大使館
8時起床。
つけっぱなしのテレビから中国語。
あー、中国にいたんだぁ。

永安里へ。
しゃおりんさんとイギリス大使館のバザーに行きました。
パスポートを提示して大使館内へ。

大使館内は・・・まさにイギリスです。
行ったことナイけど

イギリス大使館
フィッシュ&チップスを食べました。
その後ケーキとお茶。
大きな甘いケーキは完食できず。



携帯の番号を買いに。
連通→IDOへは変更できないとのことで、連通へいく事に。
連通へ行くと、今度は携帯が壊れてるだけで番号は使えると言われました。
昨日五道口の携帯ショップでは使えないといわれたのに。

でたでた・・・“誰がホントの事言ってるのかわからない現象”

とりあえず先に携帯を直すのがよさそう。
西直門の修理店へ依頼。
無料修理範囲でやってもらうことにしました。
1日でなおるとのこと。
早いなー。

学校を決めようと海燕学校へ説明を聞きに行くと・・・
なんと韓国へ帰ったハズの友人とバッタリ。
いまはバンクーバーで会社をやってると。
今回はビジネスで1週間の滞在だとか。
嬉しい偶然。


なぜか部屋TELから電話がかけられず・・・

あ〜携帯ないと不便だなぁ。

北京 -2006・秋 | 2006.11.25 Saturday 01:23
新携帯GET
修理屋さんから連絡。
1日でなおると言ってた携帯の液晶は・・・・・
2,3週間かかるらしい。
最初なんか1時間程でなおると言っていたのに(泣)


仕方ないので五道口の携帯ショップで安い携帯GET。

携帯屋

モトローラー
モトローラー380元。
番号65元・ 
番号は移動にした。



新携帯であちこちに連絡。
やっと連絡を気にせず行動できる。

さて・・・学校どこにしよう。


北京 -2006・秋 | 2006.11.26 Sunday 00:49
日本の印象
友人家族と
小西天“香豊閣美食” へ。

監督であるお父さんも82歳とは思えなく若く楽しい人。 
ryu家族

日本へ行ったことのあるお父さんに日本の印象を伺ってみました。

「日本で1万人集まるイベントに参加した。
 終わって皆去った後、会場にはゴミが落ちてなくて驚いた。
 もし中国で1万人集まったら、ものすごいゴミが残るでしょう
 日本人のマナーは素晴らしい」

ほーなるほど。
アリガトウゴザイマス。

北京 -2006・秋 | 2006.11.27 Monday 01:16
大きなスタッフルーム
漢大山漢語学院 初日
クラス決定。


1時、河北電視台のliangさん到着。
映画のスタッフルームに連れて行ってもらいます。

とりあえずお粥屋へ。
3時に副監督と会うのに、2時50分まで五道口にいました。
行く場所は1時間もかかる南方面。
「間に合わないよ」
と言うと
「友達だから大丈夫」といいます。

中国ではこの友達だからという台詞、ホントに良く聞きます。


約束より1時間遅れて到着。

倉庫のような建物の中に入る。
薄暗いコンクリのせまい廊下には洗濯物やら・・・。
部屋の扉を開けるとそこは体育館?
ミニチュア模型、資料写真、たくさんの衣装・・・
なんて広いの!?
秘密基地のようなその場所で
制作スタッフ、面接にきている役者、
たくさんの人が忙しく動き回っています。

これがスタッフルーム?
なんか・・・スゴイ!
規模が違う。
圧倒されてしまいました。


身体の大きな、野球帽にダボシャツといったラッパーのような副監督が
人懐こい笑顔で迎えてくれました。

話中、ビデオを撮ってよいかと聞かれました。
後で監督が見てキャスティングするのに使うのだそうです。
へぇー!


ああいう所から、あの壮大な映画がうまれるのね。



北京 -2006・秋 | 2006.11.28 Tuesday 01:05
老師
語言大学の老師とお会いしました。
火鍋
火鍋

発音、当時と同じ箇所を直されました。
いかんのぉ。

もうすぐ杭州へ行ってしまうのだそうです。

お会いできて良かった。
北京 -2006・秋 | 2006.11.29 Wednesday 00:22
世話好き
昼休み、海燕学校で再会した韓国の友人とビビンバ。
ヘザー
バンクーバーでのビジネス、順調なようです。



夕方、友人のお姉さんと旦那さんが寮に訪ねてきてくれました。
私の部屋を見て
「狭い! 狭い!!」
と連呼していました。

日曜日、広い寮のある別の学校を案内してくれるそうです。
・・・私はここ、特に不満はないんですけど。

とても面倒見のよいお姉さんのようです(笑)
北京 -2006・秋 | 2006.11.30 Thursday 00:01
教育熱心
8時起床
学校へ。

昼食はクラスの韓国人留学生宅へ。
トッポギ
トッポッキを作ってくれました。

アーティストだという彼女のお部屋には
なんだかわからない 素敵なオブジェがたくさん。

子供ふたりを連れて北京に留学しているんですって。
旦那さんは韓国に居残り。
北京に来る前は母子3人でアメリカに住んでいたとの事。
子供を何ヶ国語かを話せるようにするためだとか。

中国もそうですが、
韓国も子供の教育熱心な人が多いんですね。

北京 -2006・秋 | 2006.12.01 Friday 00:21
教授
地安門外大街、
対外経済大学外語学院の教授とお会いしました。

教授曰く
「中国に暮らす日本人、腹の立つことも多いが
 中国の面白さを楽しんでいる」
定年後、ひとりでの渡中、3年目だそうです。
素敵な生き方だなぁ。




ヨーグルトヨーグルト2
                                     ヨーグルト、美味いです♪
北京 -2006・秋 | 2006.12.02 Saturday 01:24


PROFILE

土屋貴子
長野県上田市出身
プロフィール





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
-->