土屋貴子のTAKOSHI日報

       
              慢 慢 来!

















スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 2017.10.10 Tuesday
飛びます!飛びます!
本日、衣装合わせとかつら合わせ。

んで、スケジュールもいただきました。

撮影は2月。

北京行き 決行じゃー♪


そっこういつものチケット屋さんにメール。

「来週出発・1月末帰国。
 直行便で一番安いチケット頼む」


2、3日うちには日程が決まるでしょ。

うっひょひょーい(〃⌒∇⌒)ゞ♪
北京 -2008・冬 | 2008.01.08 Tuesday 03:14
来週・水曜出発
飛行機決まりました!


往路 1/16 成田発 夜便
       ↓
復路 1/30 北京発 朝便

それにしても安い!

   ¥13600-

え、往復だよね?って感じ。

燃料税や航空使用税の方が高いって。。。



北京 -2008・冬 | 2008.01.10 Thursday 02:05
到着
昨晩21時15分、無事到着しましたー。
空港をでたとたんクラクション怒鳴り声!
んーヤッホーイ、また帰ってきたのねん♪

滞在先は・・・まるでホテルのようでした。
建国門
可愛い“ゲストルーム”が用意されてました。
感謝感謝!!

北京 -2008・冬 | 2008.01.17 Thursday 15:16
昨日は雪!
北京の雪景色はなんて綺麗なんでしょう!

しかし雪道では何度もすっころびそうに。
ちっ、55元のスニーカーのせいだ・・・って思ったけど
どうやら原因は床のタイルの材質のせいじゃないかぃ?

夕方、かっちょいいへっぴり腰姿で五道口に到着。
久々の再会。
大学院生になって数ヶ月、すっかり学校にも慣れたようで大学内を案内してもらいやした。

雪校内

ちょうど卒業式があったようで、あちこちでは撮影大会が。
このあどけない子たちが将来国家プロジェクトとかに参加しちゃったりするのかしらん。

卒業

大学内に出来たばかりの、オリンピックの柔道体育館を通りこし
柔道

待ってました“餃子タ〜イム”
パクチー&豚肉と、海鮮をチョイス。
お薦めだけあってどちらもジューシー。
ハルピン餃子
いままで北京で食べた餃子は皮が厚かったけど、ここのは薄い。
ハルピン料理だそう。
北の方の餃子の皮は、一般的に薄いの?

北京 -2008・冬 | 2008.01.18 Friday 13:33
インドネシア同学
夏に一緒だったインドネシアの同学と夕食を。
彼らが春節で帰国する前、滑り込みセーフの再会です。

建国門から地下鉄で東直門。
そこからタクシーに乗るつもりが、
地下鉄が2元に統一されたおかげで
出たい出口が乗り換え通路に!?
ええーー!? 出口が見つからない。

とりあえず人の流れについて行くことに。
着いた先は、バス乗り場
ほんじゃーバスに乗って行きましょかと売店で地図を購入。
地図をみながらバスの路線図をひとつひとつ見ていきました。
アレッ?
行き先のホテル名とおよその方向はわかるけど、どのバス停経由のバスを探したらいいかわからない。
薄暗いし寒いし・・・路上で地図を覗きこむのは断念。

やはりタクシーを拾うことに。

それも至難の業でした。
帰宅時間で路上にはタクシーを拾おうとしてる人であふれていて
我先にと競うのは・・・ムリな気が。

少し歩いて戻って先頭で拾うことにしたのです。
ちょっとアタマ使えば拾えるじゃん!
    あたしってば、かしこい!


ホテル名を告げると「わかる」というので得意気に助手席に乗り込みました。
なのに
「で、そのホテルの東側の日本料理屋へ」
というと・・・
わからないから降りろと!
へ? なんでさ!せっかく拾ったのに!?

いやいやホテルまでいけば自分で探すからホテルまで行って!
必死の抵抗も虚しくなぜか数十メートル先で下ろされてしまった。
結局人の多いさっきの場所。
チーン! ふり出しに戻る(涙)



そんなこんなで辿り着きました、日本料理食べ放題!!
またまた目の前で、恒例“刺身の早食い競争”が繰り広げられました。
相変わらず・・・変わってナイ(笑)

インドネシア.

「誕生日だったよねー」
と言われてる子がいましたが、必死で否定してました。

中国では誕生日の宴では
主役である誕生日を迎える人がみんなにご馳走をするんだとか!?

アイヤー、マジっすか!?

だとしたら、日本のキャ○嬢のように
年に何回も誕生日がある子はいないんでしょうねー。
北京 -2008・冬 | 2008.01.19 Saturday 13:00
北京でゴルフ
“いま、換金率が良い”と聞く。
ならば持ってるお金、両替しちゃいましょと、中国銀行の場所を教えてもらいました。
銀行で1時間待つのは当たり前・・・ちゃんとトイレに行ってから!

到着すると銀行前は工事中の塀で囲まれてる。
あれ?
隙間から中を覗くとなにやら人影がみえたので、横手にあるドアをガチャガチャしてみました。
けど鍵がかかっている様子。
仕方なく帰ろうとすると中から人が。
「えっとー、両替したい」 というと
「入れ」 と。
キョロキョロしてもお客さんらしき人は居ず、
カウンター内にはドアをあけてくれたお姉さんと男の人がひとり。

なんだか様子がおかしいぞ。
それでも普通どおりの用紙も渡され、ちゃんと元に変えてくれました。
小銭をお菓子の空き缶みたいなのから取り出すのはヘンな感じがしたけど。

確かに夏よりずっと換金率が良かった。
夏には1万円あたり615元くらいにしかならなかったけど、
今回は1万円あたり674元に。

しかし、アレって通常営業?
本来土曜は休み・・・とかじゃないよね?


午後は友人に便乗してゴルフの打ちっぱなし。

日本では誰も連れてってくれない。
だから・・・実は出来ない。

ももひき履いてババシャツきてお腹にホッカイロ貼って・・・準備万端!

タクシーで20元。意外と近い。

でも・・・あの〜ボール・・・凍ってますけど・・・

でもま、冷たい空気のなかで身体を動かすのは気持ちがいいにゃ〜。

ゴルフ
スッキリ〜!でした。
      打ったボールが飛ばずに コロコロ転がっていく事以外は。。。


夜は『孔乙己』へ。江南料理。
魯迅をモチーフにしたお店。
そう夏に紹興酒を飲んで酔っ払った、別の店舗。
ハイ、今回は菊茶にしました(汗)

孔乙己
臭豆腐、意外とグーでした!
北京 -2008・冬 | 2008.01.20 Sunday 14:52
北京っ子
夕方は前前回の互相学習の子と待ち合わせ。
その後日本語を話す機会が無いから全部忘れたーと嘆いてました。
言葉どおり彼女の口から日本語がでてくることはほとんどなかった。
私も帰国したらなかなか中国語を話す機会がないのだよぉ(涙)

彼女お勧めの香港料理 日昌餐館へ。
初めて地下鉄5号線。
うん、綺麗! だけど人多すぎッ。
床のタイルは・・・濡れてないのになぜかすべりやすい・・・!
先日の雪の日以来、すべることに敏感になった私。

目的の日昌餐館は胡同の路地に。
日昌餐館2
せまい店内のテーブルとテーブルの間、所狭しとお客がたくさん待ってました。
15組もあとだというので、大通りへ戻って時間を潰すことに。

結婚写真を撮る写真館へ。
中国のこの手の写真はスゴイ!
韓流ドラマの俳優さながらの写真が出来上がる。
以前見せてもらった知人の結婚の写真は・・・修整しすぎてまるで別人(笑)

一冊の本になったアルバム・おおきく引き伸ばした写真1枚・CDで、1300元。
高いのか安いのかだが、いちど撮ってみたいものだ。
新郎をレンタルして。

温かい店内ふかふかのソファーでさんざんあれこれ写真の見本を持ってこさせたあげく
「そろそろ時間だ。私たち裏の店で順番待ってるの。あーお腹すいたー じゃ!」
とさっさと店をあとに。。。
北京の子・・・スゴイカモ!
なかなかしたたか。

ハイ、夕食もめちゃ安で美味しかったですよ〜。
日昌餐館2
北京 -2008・冬 | 2008.01.21 Monday 14:20
美味しいケーキ発見♪
この月・火であった事


★おでこを強打!
 たんこぶできた。
 まだイタイ(涙)


★洗濯時床が大洪水になり、2時間排水と格闘するハメになった。
 排水溝の穴が洗濯機のホースより小さいらしい。
 いまから穴を広げることは不可能だと言われたとか。
 いやいや〜そんなの設計時にわかるだろー??


★瑠璃廠〜前門間の胡同へ迷い込み・・・迷子になった。
瑠璃廠

★珍しく、可でもなく不可でもなくの上海料理を食べた。
 やっぱり現地の人が食べる店に限る。


★体重1キロ増・・・。



☆引退された北京語言大学教授宅へ伺い、鍋をご馳走になった。

 先生が去年出版された一番新しい教材を大絶賛したら

 上級編も出したが理解できるか?と読まされ授業が開始された。

 嬉しい反面まったく遊びモードで訪ねていったのでドギマギ!

(奥さんは深夜に放送されてる渡る世間は鬼ばかりに夢中で寝るのは毎晩深夜1時だとか)



☆隣の賽特で、北京で初めて美味しいケーキ(10元)を発見。

ケーキ 
大感激! ウルウル。

北京 -2008・冬 | 2008.01.23 Wednesday 18:32
強くなければ生きていけない
某雑誌の北京支社の方とお会いしました。
日本食以外でという私の希望でタイ料理へ。
タイ料理

渡中前、
“中国では契約書はただの紙切れだと思った方がいい”
と聞いていたので、そのあたりのことを伺ってみると


やはり・・・

「私は現金もらうまで意地でも動かないけど、一度だけ取り損ねたことがあったわ。
 あー思い出すと今でも悔しい。
 前金で半額は貰っていたけど、仕事が終わったあと
 “この仕事じゃ気に入らない”
 って残金を払おうとしない。
 頭にきて、テーブルひっくり返して花瓶投げて店内で大暴れして逃げたよ。
 あーあのときはホント恐かったー!!」

いやいや、相手も相当ビックリしたはず。


で、

・・・わたし、ホントにここで仕事できる??



強い人がここへやってくるのか。。。

はたまたこの地が人を強くさせるのか。。。





北京 -2008・冬 | 2008.01.24 Thursday 12:49
川の字で寝た
友人の家に遊びに行きました。

湖南出身の彼女は少し訛りがありますが、
ようやくコミュニケーションがとれるようになってきました。

部屋は・・・なんとなく秘密基地を想像させる雰囲気で
机とパソコンが2セット置いてある仕事部屋・寝室・客間・台所・浴室。

部屋のあちこちから・・・見知らぬ人がでてきました。
4人で住んでいました。


手料理とカラオケを満喫
amei
          歌の上手さより、どれだけ大きな声で歌えるかが勝負のようなカラオケ?


ひとつのベットで3人、まさに川の字になって眠りました。

私は「一番温かいから」と真ん中のポジションを指定され・・・
寝返りも打てないよぉ〜
と思いきや爆睡
大の字で寝てました。
私、神経、意外と・・・・・図太い。


朝起きると・・・部屋にまた知らない人がいました!

北京 -2008・冬 | 2008.01.25 Friday 17:52


PROFILE

土屋貴子
長野県上田市出身
プロフィール





CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
-->